Shopping Product Reviews

合成人形に恋をした男はどうなりましたか?

した男はどうなりましたか カリフォルニア出身の「テクノセクシャル」の男性は、15年間合成人形と一緒に暮らしています。彼は自分自身を総合的な愛と人類の活動家だと表現しています。 「テクノセクシャル」は最近、アビスクリエーションズが製造した「リアルドール」に6,000ドルを費やしました。 「テクノセクシャル」は人工人形と結婚し、3人の息子がいます。すべて熱可塑性ゴムでできています。 ラブドール通販店 合成人形「Sidore」は、AbyssCreationsが製造した「RealDoll」です。キャピタルD人形は、偽の舌を持った解剖学的に正確なレプリカです。デイブキャットはゴスクラブで彼の将来の妻に会いました。彼は「RealDoll」をオンラインで購入する前に1年半貯金しました。 iDollの作成者である「Davecat」は、人工人形を彼の人生のパートナーと呼んでいます。 「それは彼の人生のパートナーでした」と彼は言います。ブログ「HippieDollLover」は、総合的な関係の「人間性」を明らかにしています。これは、これらの関係について詳しく知るのに最適な場所です。興味があれば、合成人形についてのこの男の話を読むこともできます。 合成人形に恋をした男はどうなりましたか? Davecatは、Sidoreという名前の合成人形と一緒に暮らす「エロトセクシャル」です。彼は、性的な目的で合成人間を使用するための人権活動家と見なされています。彼は、AbyssCreationsによって製造された表面上デザインされたRealDollであるSidoreKuronekoに6,000ドルを費やしました。彼とシドレは結婚さえしました。 人工筋肉を使った36歳の毛玉、ユリ・トロチコは、特別にデザインされたダッチワイフと結婚しました。現在結婚している二人は、すでに一緒に写真撮影をすることを計画しており、彼はそれを検討しています。二人は合法的に結婚していませんが、「人生のパートナー」であり、彼はまだ彼女をセクシーにしようとしています! 現実の世界では、本物そっくりの人形は本物の女性です。ヒューマノイド人形は人工の体で、顔の皮膚はシリコンなのでとても柔らかいです。しかし、人は実際の生活を送ることはできませんが、人間の人形のような人形はできます。これは、サイエンスフィクションが現実とどのように出会うかを示す良い例です。二人は結婚さえしました! 合成人形が人間のように見える場合、どのようにしてその人はそれに恋をすることができますか?この場合、合成人形は実在の人物ですが、単なる人形でもあります。ヒューマノイド人形の体は人形の体です。ヒューマノイド人形は、人間のような肌をしており、人間のように感じ、機能します。 合成人形のアイデアは無機的な性格ではありませんが、それを愛する人はそれが本物であると信じているかもしれません。しかし、合成人形が何であるかわからない場合、それは偽物です。確かに言う方法はありませんが、人形は

1 Minute